新築から8年!外壁塗装で汚れのつきにくい素材はある?

[新築から8年!外壁塗装で汚れのつきにくい素材はある?]-[外装塗装の実例・事例【お悩み編】]-[外壁塗装の見積もり比較|後悔しないために実例/事例から学ぶ!]

築10年近くになると、外壁塗装の汚れが目立って気になってきます。また、外壁の仕上げによっては汚れの目立ち方も違ってきます。

例えば、こちらの事例では、外壁仕上げにシルタッチの珪藻土を含んだ素材を使った外壁になります。

日当たりの具合にもよりますが、やはり、北側の外壁の汚れは雨だれ跡など結構目立ってきます。恐らく、外壁塗装の営業マンの訪問も多くなるころではないでしょうか。

専門家の意見でも、珪藻土系の塗料は汚れに対しては非常に弱いそうです。中でも、藻やカビの発生がしやすい素材でもあるので、外壁の汚れに悩みを持っている方も多いそうです。

この珪藻土系の外壁塗装は、特別な下地処理が必要になるともいわれます。具体的には、表面の小さな穴をセメント系の下塗りで埋めてから塗装をしていく工程になるのが一般的です。

この実例で、外壁塗装リフォーム店の専門家のアドバイスとしては、こんな外壁塗装工程を紹介していました。

上塗りとしてカチオンタイト2回塗り、マイルドシーラーエポ、アートフレッシュ (艶消し塗料)を施した後に、ティオトップ(光触媒コーティング)、ファインセラミトップ(親水コーティング)を塗布することで汚れ防止に効果があると思われます。

これはあくまで一例に過ぎません。
大切なのは、最低3社の外壁塗装業者に、同じ内容の相談をして見積もりを出してもらい比較することです。

外壁塗装の見積もり金額だけではなく、施工内容についてもどれだけわかりやすく説明してくれるかも判断材料になってきますね。


カテゴリー: 外壁塗装の実例・事例【お悩み編】 タグ: , , , , , , パーマリンク