外壁塗装を依頼する業者のタイプ

[外壁塗装を依頼する業者のタイプ]-[正しい見積依頼とは]-[外壁塗装の見積もり比較|後悔しないために実例/事例から学ぶ!]

当サイトでは、終始一貫して『外壁塗装の見積もりを取るときは、最低3社以上に依頼して下さい。とお話ししています。

理由は、3社以上で比較検討し提案内容も納得した上で契約する必要があるからです。
外壁塗装といっても家のリフォームをすることと同じですから、かなりまとまった金額が必要になるので、1社や2社で決めてしまうと後で航海するリスクは高いです。

さて、それでは実際に外壁塗装の見積もりを依頼するとき、まず最初に頭に浮かぶ業者はどこですか?

築10年前後の方だと、自宅を建てた住宅メーカーや工務店でしょうか。
中古物件を購入された方だと、仲介してくれた不動産屋さんに相談するというのもありますね。
中には、知り合いの塗装屋さんに相談する方もあるかと思います。

管理人が情報収集のためQ&Aサイトなどいろいろ調べていると、依頼主の皆さんが必ず持つ不安がこれです。『この作業内容でこの見積もり金額は、本当に適正な価格なの?
それが、たとえ知り合いの工務店から見積もりを出してもらっても、相場を知りたくなる分けです。・・・納得して契約したいですからね!

そのためにも!
最低3社以上に見積依頼されることをお勧めします。

それから、実際に数社から見積もりを取った方の中には、こんな素朴な疑問をもたれる方も結構ありました。見積もり金額に何でこんなに差がある!?
この場合は、数万円の違いではないんです。数十万の違いがあったりするんです。
(※ここでは、悪徳業者のぼったくり価格は横に置いておきます。)

なぜ、見積もり段階でこんな違いがあるのか?というと、見積もりを依頼している業者のタイプが違っている場合があるんです。

大雑把に分けると以下の4タイプがあります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、外壁塗装の見積依頼をするときの参考にして下さい。

ハウスメーカー


 大手が多いので安心できる。窓口が1つで総合的にメンテナンスしてくれる。

 やはり掛かる費用が割高になる。

リフォーム業者・建築工務店


 外壁塗装以外も専門家なのでいろいろな提案や相談に乗ってくれる。

 依頼内容によって費用が少し割高になってしまうことも。

塗装業者・サイディング業者


 外壁塗装が専門職なのでスピーディーに精確に対応してもらえる。

 やはり塗装以外の提案や相談には対応が利きにくい面はある。

下請け職人


 外壁塗装に掛かる費用は断然に割安となる。

 ただ、提案力が弱い部分は避けられない。
 また、アフターフォローの安心感も個人差が大きい。


カテゴリー: 外壁塗装の実例・事例【見積り編】 パーマリンク