外壁防火サイディングの外壁塗装見積り価格は適正なんでしょうか?

[外壁防火サイディングの外壁塗装見積り価格は適正なんでしょうか?]-[外装塗装の実例・事例【価格編】]-[外壁塗装の見積もり比較|後悔しないために実例/事例から学ぶ!]

木造で築13年目になる家の外壁塗装の見積もり価格になります。
ちなみに、外壁は防火サイディングのブリックタイル柄になります。

まずは見積り価格がこんな内容になっています。
 ・外壁塗装:シリコン「190㎡」×@1800
 ・足場「240㎡」×@900
 ・目地コ-キング打ち替え×@750
 ・軒天塗装:ウレタン×@1550
 ・軒樋及び縦樋塗装:ウレタン×@500
 ・破風板及び鼻隠し塗装:ウレタン×@700
 ・バルコニ-FRP防水2ヶ所×@4800
合計で約100万円の見積価格になります。

この相談者さんの見積もり価格内訳を塗装屋さんがアドバイスされていました。

※参考Q&Aサイト:Yahoo!知恵袋
※表示価格と単価は調査時点となります。

さて、ここで抜けている内訳がありますが気が付きますか?
それが外壁の洗浄です。普通は「高圧洗浄」という項目で書かれています。

もし、「外壁塗装」の金額にこの高圧洗浄の作業が含まれている価格なら、かなり良心的な価格になるそうです。
ちなみに、含まれていなくても外壁塗装自体の金額としても適正な価格だそうです。

それから、この見積もりを提案した業者が塗装業者であるならば、足場を組む作業を自前でできる可能性もあるので交渉できる項目になるそうです。なんでも、100~150円/㎡くらいは値引きできるかもしれないそうです。

この辺りは、交渉するときのちょっとしたポイントになりますね。
足場を組む作業ってそれなりの金額がかかるんです。

このような親切は塗装屋さんだといいですが、中には悪徳業者もあるので注意が必要です。
絶対に避けたほうがいいのが訪問販売の営業です。営業マンにとっては、その家を外から見ただけで、外壁塗装を勧める情報が十分にありますからね。

この親切は塗装屋さんのように、中立な立場でアドバイスしてくれる外壁塗装の第3者機関となる窓口を持っておくことは大切です。


カテゴリー: 外壁塗装の実例・事例【価格編】 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク