延べ床面積36坪2階建の外壁屋根塗装の見積もりがぼったくりでは?

[延べ床面積36坪2階建の外壁屋根塗装の見積もりがぼったくりでは?]-[外装塗装の実例・事例【不安編】]-[外壁塗装の見積もり比較|後悔しないために実例/事例から学ぶ!]

外壁屋根塗装の見積もりが安過ぎて返って不安という実例がありました。

延べ床面積が36坪で2階建の自宅が築16年目になるので外壁と屋根の塗装の見積もりをしてもらったそうです。

結果、外壁屋根塗装の見積もり合計金額が64万円となり、保証期間として、外壁に10年、屋根に15年が付いているそうです。

外壁屋根塗装の見積もりの内訳としては・・・
 ・外壁塗装で3回塗り「水性シリコンUV」=35万
 ・屋根を3回塗り「クールタイトF(フッ素)」=24万
 ・高圧洗浄工事=3万
 ・雨樋い軒裏、壁中間板塗装2回 ウレタン樹脂=2万
 ・足場組立・撤去工事=6万

ここから値引きが6万となっています。
ちなみに、外壁塗装はすべて手塗りだそうです。

※参考Q&Aサイト:Yahoo!知恵袋
※表示価格と単価は調査時点となります。

この内容ですが、プロの目は厳しいです!
『間違いなく「手抜き工事」です。』まさに一括!

どうも、見積もりを提示したのが個人の塗装業者だそうです。
この見積もりの書き方でこの金額だと、何が手抜き工事で何が手抜きでないのか本人も分かっていない場合が考えられるのだとか!

これはビックリですね!
依頼する側は素人なので分からないのが前提ですから、見積もりを出す以上、外壁塗装のプロだと信頼したいのですが、現実は違うようです。

やはり、第三者の目からのアドバイスは大きいですね!


カテゴリー: 外壁塗装の実例・事例【不安編】 タグ: , , , , パーマリンク